山階保育園
山階保育園
山階保育園
~ひとりひとりを大切にする保育~
こどもの育ちと大人の役目
そして、いつだって保育園は
お母さん・お父さんのサポーターであり
育ちあいたいと願っています。

山階保育園について

山階保育園の様子

山階保育園の様子

住所

〒607-8342
京都市山科区西野様子見町1番地8

電話

(075) 593-3648

FAX

(075) 591-6575

園長名

栗山 美紀子

設立年月日

昭和48(1973)年8月1日

定員

120名

最寄り駅

京都市営地下鉄東西線「東野」駅より徒歩15分 /JR「山科」、京都市営地下鉄東西線「山科」、京阪電鉄京津線「京阪山科」より徒歩20分

建物構造

鉄筋2階建

敷地面積

1,081.40㎡

建物面積

553.02㎡

クラス紹介

0歳児 ひよこ組

安心して過ごす。

・よく食べ、よく遊び、よく眠る。
・季節変化を感じながら楽しく過ごす。
・自分の欲求や思いを表現する。

0~1歳児 ぺんぎん組

自我を育む。

・よく食べ、よく遊び、よく眠る。
・好きな遊びを見つけ、たっぷり遊ぶ。
・自分の気持ちや思いを自分なりの方法で表現する。
・出来ることは自分でしようとする気持ちを持つ。

1歳児 あひる組

自我を育む。
室内でも体をうごかしています。

・よく食べ、よく遊び、よく眠る。
・好きな遊びを見つけ、たっぷり遊ぶ。
・自分の気持ちや思いを自分なりの方法で表現する。
・出来ることは自分でしようとする気持ちを持つ。

2歳児 こぐま組

いろいろな体験をする。
積み木やままごと遊び

・よく食べ、よく遊び、よく眠る。
・友だちと一緒に遊ぶことを楽しむ。
・自分の要求や思いを自分なりの方法で表現する。
・何事も自分でしようと意欲を持つ。

3~5歳児 ぐりチーム

(3歳児 りす組 4歳児 ぱんだ組 5歳児 きりん組)
ともに育ちあう

・健康な身体をつくる。
・友だちとかかわって遊ぶことを楽しむ。
・自分の経験したことや思いを言葉で伝えると共に人の話も聞く。
・基本的生活習慣を身につけ、楽しく過ごす。

3~5歳児 ぐらチーム

(3歳児 りす組 4歳児 ぱんだ組 5歳児 きりん組)
ともに育ちあう

・健康な身体をつくる。
・友だちとかかわって遊ぶことを楽しむ。
・自分の経験したことや思いを言葉で伝えると共に人の話も聞く。
・基本的生活習慣を身につけ、楽しく過ごす。

園長のことば

館長のことば
山階保育園は山科団地の西側にあります。
乳児クラスは、年齢別又は月齢や発達に合わせたクラス編成。保護者と連携し、一人ひとりの発達や思いを大切に年度途中で移行を行っています。
幼児クラスは異年齢クラスを基盤とし、見て学び〝共に育ちあう〞ことを大切に保育をしています。
子どもが自分で選びとることができるよう、日々の保育内容も出来るだけ豊富に、種類だけでなく時間や日数にも配慮しています。
乳幼児期は0歳から大人まで繋がっている「そ・だ・ち」の第一歩です。たくさんの人に愛され、人を信頼できる子ども。より良い環境のもとで自信をもち、自分で前を向いて歩いて行ける子どもに育って欲しい。子どもの今を大切にして、どの子どもにも「心の根っこ」が育つように保育をすすめています。

園の理念

ともに育ちあう

保育目標・目指す子ども像

保育を必要とする子どもの保育を行い、一人一人の健全な心身の発達を図る。
また、子どもと保護者が安心して生活できるように支援することを保育の目的とする。

『心の根っこを育てる』

自分に自信を持ち、人を信頼し、皆と気持ちよく過ごせる人になって欲しい。

沿革

沿革

昭和48年 8月

山科団地建設と同時に公設民営。経営主体は運営委員会として設立。
京都市山階保育所 定員60名

昭和51年 6月

定員120名に増設。産休明け保育・統合保育・特例保育など先駆ける。

平成 元年

延長保育開始。

平成 2年

子育てステーション事業・育児相談を始める。

平成13年 4月

経営主体が社会福祉法人 京都社会福祉協会に移る。

平成17年 4月

京都市より建物の譲渡により山階保育所となる。

平成18年 4月

現在の山階保育園に名称変更

平成21年 1月

給食室改修(幼児も完全給食。但し別途要主食費)

保育内容

活動内容

受け入れ年齢

産休明け~就学前児童

保育時間

7:20~19:00
※時間外保育:7:20~7:30・18:30~19:00
※短時間保育時間:8:30~16:30あるいは9:00~17:00

休園日

日曜日および祝祭日
年末年始(12月29日~翌年1月3日)

障がい児保育

集団生活が必要かつ可能なお子さんを受け入れます。その場合、保護者面談をし、専門機関と連携をとります。

保育園料について

☆保護者の市民税・保育時間に応じ、京都市の規程により決定されます。
☆時間外保育料は、運営規定に基いて、園で徴収します。

クラス構成

クラス名 ひよこ組 ぺんぎん組 あひる組 こぐま組 りす組 ぱんだ組  きりん組
年齢 0歳児 0~1歳児 1歳児 2歳児 3歳児 4歳児 5歳児
児童数 12 7 16 22 26 23 26
2018.04.01現在

在籍職員数

園長 主任保育士 保育士 調理員 その他
1 1 24 3 1
2018.04.01現在

保育園での生活

保育園の1日

7:20〜

順次登園、持ち物整理、コーナー遊び (健康視診)

9:30〜

あさの会、おやつ(乳児クラス)、それぞれの活動(年齢別や異年齢チーム)

10:30〜

離乳食

11:00〜

給食準備、給食

12:00〜

午睡(年齢により対応)

15:00〜

おやつ

15:40〜

終わりの会、各自遊び、順次降園

18:00〜

ゆったりとした環境の中で過ごす。おやつ

18:30〜

(時間外保育)(~19:00まで)

保育園の1日

保育園の年間行事

毎月

誕生会と避難訓練を行います。

4月

入園式、お花見遠足、クラス別懇談会

5月

こどもの日つどい、幼児組親子遠足、クラス交流会、歯磨き教室

6月

運動会、内科検診、歯科検診、耳鼻科検診、保育参観

7月

プール開き、七のつどい、年長児お泊まり保育、花火教室

8月

乳児組保育参加

9月

敬老の日つどい、納涼会

10月

SANKAI FESTA(幼児組参観)

12月

さくひんてん、クリスマス会、年末年始休み

1月

おもちつき、年中・年長児人形劇鑑賞

2月

節分のつどい、生活発表会、内科検診

3月

ひなまつり会、人形劇鑑賞、お別れ会、卒園式

その他

お花見・いちご狩り・イモ堀り・動物園・八瀬野外保育センター・中央公園・東野公園・疎水・四ノ宮公園 等々クラスによってそれぞれ遠足にいきます。

年間行事

給食(食育)

献立は2週間ごとの2パターンです。
完全給食になっています。(幼児は主食費を1ヶ月2,000円徴収します。)
乳児はエプロンと口拭きを持参、幼児はコップとお皿を持参になっています。
スプーン・フォーク・お箸は園で用意しています。

♪おやつについて

乳児は、午前9時30分と午後3時です。
幼児は午後3時のみです。
週3回は手作りのおやつです。

自分たち育て、栽培した食材を食べたり、間近で見て・触ってみて「食」への興味・意欲を高め、食事やおやつを楽しく食べられるような雰囲気作りを行っています。

アレルギー疾患について

アレルギー食について、医師の指導により対応します。

✦ 一部レシピ掲載中 ✦ … 保育園のレシピ

給食の様子

給食の様子

給食の様子

給食の様子

子育て支援の取り組み

連携について

乳児クラスは全員、幼児クラスの希望者は、個人連絡ノートを活用します。
クラス懇親会・家庭訪問・個人相談・参観を行っています。
保護者会主催のクラス交流会もあります。

育児相談

随時受け付けています。
また、子育ての悩み(発達・ことば)を専門分野と相談できる日があります。

園庭開放

未就園のお子様と保護者の方が対象。自由に園庭で遊びます。雨天の場合は室内遊び
・月1回 10:00~11:00

求人案内

※現在募集はありません。